オープンハウス!新人賞受賞者インタビュー【後編】

見事、営業本部の新人賞を受賞した伊藤勇太係長のインタビュー、後編をお送りします!!

改めて「新人賞」受賞の要因は、ズバリ何だったとと思いますか?

「貪欲さ」かなと。私は、表に出すというよりは、けっこう秘めているタイプなので。

   

確かに貪欲そうには全く見えないです。

ギラギラしてないですし。(爽やか!)

そうなんです(笑)、まわりから見ると、貪欲そうに見えないと思うんですが、仕事に対する「秘めた貪欲さ」というか。

営業マンとして、お客様に商品を気に入っていただき、ご購入いただくことが目的となるので、そこに向かっていかに動けるか、ということを入社当初から凄くイメージしていました。お客様に商品を気に入っていただけるように早い段階から自分でご案内できるようにしたり。

新卒入社の人は、目的が「お客様に商品を気に入っていただき購入いただく」ことではなく、「知識と経験のある上司に、担当しているお客様をご案内してもらう」ことになっていることが多いんです。
でも私の場合は、4月5月頃からどうしたら自分の案内で戸建をお客様に気に入っていただけるかを凄く意識していました。

 


最初から最後まで、全部自分でやると。

でもそれは、新卒入社後すぐの4月時点からできるものなのでしょうか。

いえ、全然できないです。
物件知識やエリアの情報量も少ないです。
とはいえ、少ない情報量の中で、いかにお客様に戸建を気に入っていただけるかということを意識して行っていました。

全て、自身でお客様のご案内ができるようになったのは、いつ頃ですか?

5月後半から、6月頃にできるようになりました。

 

初めてご案内ができたときはもう、最後まで自分1人でできたという

いやぁ…、もう、これ以上ないぐらいの達成感でしたね!!


そうですよね!

新たに新卒の後輩が入ってきましたが、先輩として、後輩にアドバイスするとしたら、どういったことでしょうか。

上司に頼り切りにならず、入社後すぐにでも「自分一人でできるようにする」という意識を持って行動することだと思います。



現在入社
2年目(20207月時点)ですが、なぜオープンハウスに入社したんですか?

やはり「給与面」は凄く気にしていて。私は、2社しか受けていないんですよ。

2社!?・・・もう1社はどのような企業だったのですか?

オープンハウスと同じく給与面に魅力のある企業でした。
就活の軸としてあるのは、やはり「営業職」が良いなと思っていて。
それは、学生の時にも営業成績順位がわかるようなアルバイトをしていたのが、大きな理由になっていると思います。

「営業職」で「やりがい」があって「給与面」も良い企業が良いな、ということで、この2社を受けました。

2社選考を受け、最終的にオープンハウスに決めたのはなぜですか?

学生の頃の先輩が不動産の仕事をしているのですが、話を聞いているうちに不動産に興味を持ったんです。
正直、「やりたいこと」としては「家を売る」ことの方が気持ちが大きかったので。



それでオープンハウスに。

入ってから、やはりオープンハウスにして良かったなと?

はい!給与面も、成果がしっかり反映されるんだと、驚きました。

 

学生の頃の周りのご友人、他の会社に就職された皆さんと比べて、オープンハウスは「ココが違う!」と感じることはありますか?

私は理系だったので「営業職」という選択肢があまりなく、インセンティブがわかりやすく反映される職に就いている学生の同期は少ないと思います。
ですので、インセンティブが反映される給与面が「ココは違う」と、とても感じる部分だと思います。

ありがとうございます!
では、最後に伊藤係長の次なる目標を教えていただけますでしょうか。

直近ですと、いまマネージャーというレイヤーでやらせていただいているので、やはりその中で一番になりたいという思いがあります。
もっと先の、〇年後にこうなっていたい、という目標はありますか?

はい、今年中には課長になって、センター長になりたいという、目標があります!

 

おぉ!2年目にして!実現すると、おそらく、最短、ではないでしょうか?

そうですね、「最短」になりたいなと。
営業は成績が数字に表れ記録がつくので、そこで名を刻んでいきたいなというのは、目標ではあります。

 

目標とする先輩はいらっしゃいますか?

はい、現在の営業I部長やS部長を目標としています。
やはり、日々の言動の重みが違うと感じます。
日々の行動や、課員への接し方で、その人の発言の重みが変わってくるのだなというのを感じてきました。

目標とする先輩方を目指し、これからも頑張ってください!

はい!頑張ります!!

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

中途採用
会社紹介
研修
オープンハウスのこと

先進的だと評判なオープンハウスのIT環境!?最強アイテムを紹介!

今回はオープンハウスの営業マンがどんな環境で働いているのか、実際に営業マンが使用しているお仕事アイテムを数ある中からピックアップしてご紹介していきたいと思います! 〇社用車はプリウス!ノート!   戸建仲介営業部の営業社員にとって、お客様をご案内するた...
中途採用
会社PR
会社紹介
オープンハウスのこと

丸ビル!オープンハウスの面接ルームをご紹介!

今回は、面接でよく使用する 丸ビル13階をご紹介します! ※部署によっては各拠点等での面接もございます。 千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング12F(総合受付13階) 〇面接ルームご紹介 ↑丸ビル13階の弊社受付です。 ↑面接部屋の例① ↑面接部屋の例②(4人~8人部屋) ...
知識
中途採用

不動産営業は年収1,000万円も夢じゃない?稼ぐ営業の特徴やキャリアを考える

社会人の中には、年収1,000万円を稼ぐということを1つの目標としている人が多いといわれます。 そういった稼ぎたいと考える人にとっては、不動産営業は世間的に稼げる仕事というイメージがあるようです。では実際に不動産業界で1,000万円以上稼いでいる人はどれくらいいる...
中途採用
イベント
会社PR
福利厚生
インタビュー
Q&A
オープンハウスのこと

「今、楽しくて仕方ない!」20代若手社員が、大手企業から転職を決めた理由とは!?

みなさんこんにちは!   本日は、当社に転職して活躍中の中途社員梅木に、 当社の魅力を語ってもらいました!    営業部 梅木 康一朗  23歳(取材当時)      他にない成長をものすごい早さで。その過程が気持ちいい。   「今の...
中途採用
会社PR
会社紹介
研修
インタビュー
オープンハウスのこと

早いうちに成長できる環境へ!トップをとった営業マンインタビュー!

「不動産業界には正直良いイメージが無かった・・・」 という社員がお客様獲得数トップになっている。   こうした事例オープンハウスでは多数あります。   ”業界未経験でも活躍できるのか” ”理不尽な目標を追わされたりしないか” ”頑張ったらちゃんと評価してく...

検索

最新記事

知識

不動産業界の年収ランキングを紹介。不動産業界の今後の動向は?

一口に不動産業といっても、デベロッパーや売買仲介、注文住宅、賃貸仲介などさまざまな業種が存在します。 年収アップなどを目的にして転職を検討するなら、業種ごとの年収を知っておく必要があります。 そこで不動産業界の年収や今後の動向についてランキングなどを用い...
知識
中途採用

不動産営業職のボーナスの平均額や仕組みを解説

不動産営業は、顧客の一世一代の買い物に関わるやりがいのある仕事です。 また、不動産会社の営業職というと歩合の多いイメージがあります。もしかしたら、多額のボーナスをもらっているのかも・・・と想像は膨らみます。 今回は、不動産営業職のボーナスについて詳しく解説し...
知識
中途採用

不動産営業は年収1,000万円も夢じゃない?稼ぐ営業の特徴やキャリアを考える

社会人の中には、年収1,000万円を稼ぐということを1つの目標としている人が多いといわれます。 そういった稼ぎたいと考える人にとっては、不動産営業は世間的に稼げる仕事というイメージがあるようです。では実際に不動産業界で1,000万円以上稼いでいる人はどれくらいいる...
知識

不動産営業のノルマ!とらえ方と達成するためのコツ

不動産の営業職には「ノルマが厳しそう」というイメージがあるかもしれません。しかし、ノルマに対するとらえ方の基本的なポイントを押さえておけば、必要以上に恐れることはないものです。今回は、ノルマの正しい認識と達成するためのコツについて解説します。   ノ...
知識

不動産営業の仕事は稼げる?年収アップを狙うための会社や職種の選び方

不動産の営業職は、自分の頑張り次第では年収1,000万円を目指すことが可能です。不動産業界の給与体系を把握したうえで、どのような会社や職種を選べばいいかをしっかりと押さえておきましょう。今回は不動産営業の仕事が稼げるのかについて、詳しく解説します。   不...