営業職の一覧

JOB
オープンハウスでは、戸建て住宅やマンションの住宅営業以外にも総合不動産会社としても幅広く事業を展開しています。それぞれの事業部で営業担当者がどんな業務を行うかご紹介します。
JOB
01

住宅営業(戸建・マンション販売)

個人のお客様に、一戸建てやマンションを販売する仕事
住宅営業(戸建・マンション販売)
住居のための一戸建てやマンションをお客様に紹介し、販売する仕事です。
物件を販売する現地で積極的にお声がけする集客活動を行い、興味を持たれた方のこだわりや条件を伺いながら、オープンハウスならではの魅力ある物件の紹介やご案内を行います。
そうしたお客様へのご提案を重ね、販売契約を結ぶまでが業務となります。
契約のためには地道な努力を求められますが、取引額は数千万円にも上り、お客様にも喜んでいただける。大きなやりがいがある仕事です。
02

土地仕入営業(戸建・マンション用地)

一戸建てやマンションを建築するための土地を購入する仕事
土地仕入営業(戸建・マンション用地)
「お客様に選ばれる住宅」に適した土地を購入する仕事です。
オープンハウスでは「通勤しやすい都心駅近」のような企画に合う土地の購入から建物の建設、お客様への販売まで一貫して自社で行っています。そんな当社の最大の強みである「製販一体」の最上流となる土地仕入営業は、会社の利益を生み出す非常に重要な役割を担っています。
日常的に不動産会社様を訪問し、売却要望のある新たな土地の情報を取得します。その後、得た情報を選別して、地域の特性やお客様のニーズをもとに調査をし、土地購入を行います。
03

収益不動産営業

投資用物件を購入し、新たな価値を付加して販売する仕事
収益不動産営業
定期的に利益を生み出すテナントビルのような不動産を購入し、リノベーションを施すなどで不動産としての価値をさらに高め、投資用物件としてお客様へ販売します。
日頃から他の不動産会社様を数多く訪問し、物件の売却・購入希望者の情報を収集します。
それらの情報をもとに、どのように不動産価値を上げ、どの程度の金額、期間で販売するかといった、プロジェクト計画をまとめて物件の購入をしたり、社内の専門チームにより商品化された物件を販売したりします。
04

米国不動産営業

お客様の投資利益創出のため、米国不動産を販売し、最終的な売却までサポートする仕事
米国不動産営業
国内富裕層のお客様向けの投資商品として、不動産価値が上昇している米国地域の不動産を厳選して仕入れ、販売し、購入されたお客様が売却するまでをサポートすることで、投資利益創出に貢献します。
お客様に商談の機会をいただき、米国不動産の魅力説明、資金計画のシミュレーション作成、資産運用のコンサルティングが業務内容となります。
オープンハウスの核となる事業の中では、2017年スタートと比較的新しい事業部であり、よりベンチャーらしいスピード感を持って働けます。