報酬について

PAY
オープンハウスは売上1兆円を中間目標とし、日本一を目指しています。どんどん規模を拡大している分、仕事は忙しく大変ですが、それに報いる報酬制度を設けています。
PAY
POINT
01

オープンハウス営業職は5年目で
平均年収1,025万円(※1)

2年目で年収630万円。5年目で年収1,025万円。これがオープンハウスの平均的な営業職です。一握りのトップ営業マンの年収ではなく、平均です。ベースの基本給(入社時)は月額30万円からスタート。それに加え、成果に応じた賞与を支給しています。

日本の平均年収は441万円(※2)ですから、かなりの高収入といえます。不動産業界内でも上位に位置しており、平均年齢が20歳代の上場企業のうち、一番平均年収が高い会社となりました(※3)。

※1:中途営業社員の給与推移
※2:国税庁 2018年分民間給与実態統計調査結果
※3:東洋経済オンライン 2017年6月16日配信「「若い社員が多いのに給料が高い」トップ74社」宇都宮徹著

確実な高収入
POINT
02

未経験でも成果が上がる仕組み

中途入社組の営業職、大半は不動産とは関係ない業界の出身です。前職が美容師や消防士など、営業職が初めてのケースもあります。にも関わらず、入社後の平均年収は前職・入社時に比べかなり上昇しています。オープンハウスでは、方針に沿った努力を続けることで、短期で成果を出せる体制と仕組みが整えられているためです。

また、成果と報酬がきちんと連動しており「やる気のある人を広く受け入れ、結果に報いる組織」となっています。

実現可能なスピード昇進
POINT
03

昇進昇格・昇給のチャンスが年4回

一般的な会社では昇進昇格は年1回ですが、オープンハウスでは3か月毎(年4回)にあり、チャンスは4倍。昇進すれば個人で成果を追うステージから一段上がり、数人の部下を持ちチームとしてさらに大きな目標を追うことになります。
基本給も30万円から、40万円、50万円・・・、と大幅に伸びていき、目標達成時の報酬もどんどんアップしていきます。成果に基づいた評価制度は非常に公平で、新卒中途・男女・学歴による区別などはありません。

公平な評価

先輩社員の声

  • Tさん (23)

    前職:ルートセールス 
    前職からの年収UP率:1.5倍

    結果が給料、評価に直接繋がる環境がオープンハウスにはある。結果がすべて。分かりやすく組織・個人として明確な目標が設定されており、その結果に応じて正当な評価をうけ、給料に直接反映する環境は、やりがいを感じます。また、社内全体の雰囲気が凄くポジティブ!!目標に突き進める環境があります!
  • Sさん (28)

    前職:アパレル販売 
    前職からの年収UP率:1.4倍

    常に高い目標があり、社員全員で目指せている会社で、本気で仕事がやれるから楽しい。給料も増え、結婚、出産、自宅購入と前職では考えらない生活が出来ている。
  • Kさん (25)

    前職:イベント会社 
    前職からの年収UP率:4倍

    働いている社員が前向きな人が多く、自分自身も前向きに仕事ができる環境が自然と作れる。会社の成長と共に若いうちからマネジメントや、新規事業など色々なことをやらせてもらえる環境があるのはすごく良いと感じました。