営業職で培った経験や直感を活かした戦略的マーケティングで、会社の業績アップに貢献する

  • #CRM/CX
  • #マーケティング部
工藤 慎也氏

オープンハウスには、営業職や建築職はもちろん、エンジニアやマーケター、デザイナーといった専門性の高いスキルを持った社員や、バックオフィスから会社をサポートする社員など、さまざまなプロフェッショナルたちが集まっています。

そうした会社を支える人材の中から、中途採用でオープンハウスに入社した社員たちに、転職を決めた理由や仕事のやりがいなどについて聞きました。

ーケティング部 CXグループ
2018年中途入社
主任
工藤 慎也Shinya Kudo

2018年、戸建て販売の営業総合職としてオープンハウスに中途入社。1年半の営業職経験を経て、マーケティング部門へと異動。現在は顧客戦略グループにて、MAツールなどを活用した戦略企画等に従事。

※役職は2022年6月時点のものになります。

んだかおもしろそうな会社、その直感は間違っていなかった

オープンハウスに転職した理由について教えてください。

面接時に話を聞き、率直に「おもしろい会社だな」と感じたのが入社の決め手です。新卒で就職活動を行なっていた時でも、オープンハウスという会社の存在は知っていたのですが、詳しい話を伺ったことはなかったので、実際に社員の人に話を聞いたときには、大きな驚きがありました。

例えば、本気で不動産業会のトップを目指している点もそうですし、事業内容や働き方、企業風土など、さまざまな点が個性的で、オープンハウス独自の文化を形成していることがおもしろいなと感じました。

当初は営業職として入社したのですが、営業を希望したのは「収入の向上」と自身の「営業力の向上」の大きく2点を狙ってのことでした。働く上で、やはりお金のことはないがしろにはできませんし、どうせ転職するからには収入アップにつなげたい。また、今後どんなキャリアを形成するにせよ「営業力」や「対人能力」は絶対に必要だと感じていました。宅建のような資格は机に向かって励むことで取得できるものかもしれませんが、特にビジネスにおける対人能力は、実際のコミュニケーションの中で勝負していくことで磨かれるスキル。こうした理由もあり、まずは営業職としての入社を決めました。

入社前に不安なことや入社後のギャップはありましたか。

私はこれまで体育会系とは無縁の日々を送っていましたので「体育会系の方しか働いていなかったらどうしよう?」という不安はやや感じていましたが、実際に入社してみると全然そんなことはなく、非常に安心したことを覚えています。

体育会系の人だけでなく、想像以上に多様な経歴・バックグランドを持つ人がいて、いい意味でのギャップを感じました。当社の企業理念のひとつに「やる気のある人を広く受け入れ、結果に報いる組織を作ります。」というものがあるのですが、まさしくその理念を体現しているような職場環境でした。

入社してさらに「人材を大切にしている」という点も強く感じました。漠然と「去る者は追わず」的なドライな方針の会社なのかな、と予想して入社したのですが、全くそんなことはなく、社員一人ひとりの適正などを踏まえ、適材適所な配属や異動が行われている点には安心感を覚えました。

私も営業職を経て、現在のマーケティング職へと異動になりましたが、これも経歴や性格、実際の営業職での成果などを考慮しての的確な異動だったように感じています。

業職の頃に培った経験や直感が、マーケティングにも活きている

オープンハウスではどんな業務をされていますか。

現在はマーケティング・システム本部に所属し、MAツールなどを活用したデータ分析・活用業務に従事しています。業務領域としては「リードナーチャリング」「マーケティングオートメーション」「CRM」といった領域を担当しており、さまざまなデータを活用しながら、主にメールやLINE、Webサイトを通じて「適切なタイミング」で「適切な情報」が、「それを必要としているお客さま」に届くような施策を日々、推進しています。

営業職の時の経験を活かせること、そして営業職の時よりもはるかに多くのお客さまへアプローチできることが、業務のおもしろさです。またお客さまから返ってきたリアクションをベースに、そのリアクションから読み取れることをさらなる施策に落とし込み、より適切なアプローチにブラッシュアップしてPDCAを回していくことにもやりがいを感じています。そこには、営業職時代に培った直感や経験が大いに生きているように感じます。

1日のスケジュールを教えてください。

日のスケジュール

9:00
朝礼(本部全体の朝礼、チームの朝会)
10:00
各種確認

各KPI・推進中施策の進捗確認、およびメールチェック

11:00
施策推進

戸建て事業部サイト内コンテンツ拡充に付随する業務(企画立案・構成案作成・草稿チェック)

12:00
施策推進

戸建て事業部におけるメールマーケティング施策に付随する業務(企画立案・実装)

13:00
休憩
14:00
会議

チーム内の進捗共有

15:00
校閲業務

チーム内制作物のレビュー

16:00
会議

チーム横断系プロジェクトの進捗共有や企画立案

17:00
施策推進

マンション事業部におけるメール・SNSマーケティング施策に付随する業務(企画立案・実装)

18:00
各種確認

翌営業日の課題確認やメールチェック

19:00
帰宅

分が求めるものをぶつければ、オープンに返してくれる会社

今後の目標について教えてください。

多くの社員が前向きに、そして熱量高く働いている会社がオープンハウスです。私も日々刺激を受けていますし、何よりも自分自身が「おもしろそう」と感じて入社した会社なので、この先も本気で仕事を楽しみながら、会社の業績にしっかりコミットしていきたいと考えています!

転職者に向けてメッセージをお願いします。

オープンハウスは社員が情熱を持って働けるような会社の組織風土や、企業文化が濃厚な会社。

だからこそ、まずはしっかりと自分のやりたいことや求める環境・条件があるのかを面接時に遠慮なくぶつけてみてください。オープンハウスが掲げる「やる気のある人を広く受け入れ、結果に報いる組織を作ります。」という企業理念そのまま、採用担当者もオープンに、ありのままをお話してくれるはずです。

面談を経て「自分もここで働きたい!」と、そんな風に感じたなら、ぜひその熱意を正直にお伝えください。皆さんと働けることを本当に楽しみにしています。