分譲戸建設計

多くのお客様の夢である「都心に一戸建て」を設計する仕事
分譲戸建設計

分譲戸建設計

多くのお客様の夢である「都心に一戸建て」を設計する仕事

多くのお客様が憧れている「都心に一戸建ての家を持つ」という夢を、現実にする。それが、分譲戸建設計の大きな役割です。「都心」「駅近」「高品質」ながら「割安な価格」でご提供できるのが、オープンハウスならではの強みです。

これまで累計16,000棟以上&年間約4,500棟の住宅を建築し、東京都区部・川崎市商圏・名古屋市区部など多くのエリアでNo.1を獲得してきた(※)実績と、そこから得た独自のノウハウを生かした家づくりをしています。

設計の視点で見ると、「都心でも延床面積を確保できる設計ノウハウ」が身に付き、画一的な分譲住宅とは違う「デザイン性の高い住宅の設計」に携わることができます。

※:「'19年度全国No.1ホームビルダー大全集」より

ここで働く魅力

限られた広さでも最大限に生かす設計力を吸収できる

入社1年目から物件を任せてもらえることで短期間で成長可能

1棟現場から多棟現場まで幅広い設計に携われる

具体的な業務内容

現地や周辺の調査

土地の形状や周辺環境などを事細かにチェックします。そこから「設計上、どのような制約があるのか?」「1棟1棟、どのような家の形状・デザイン・間取りがマッチするのか?」等を検討します。

設計図面を作成

オープンハウスの特徴は、短期間で設計するスタイルにあります。
分譲住宅といっても1棟1棟がすべて同じ仕様ではないため、設計の面で見ると短期間で大量の設計を行うのは、難易度の高いテーマ。
しかしオープンハウスには独自のノウハウがあるため、結果的に無理なく、多くの設計にチャレンジできるチャンスが得られます。

建築に必要な書類作成~提出

建築申請に関する各種書類の作成、および申請手続き全般を行います。
一つ一つの書類内容にミスがないよう慎重に作成&厳密にチェックすることが求められます。

施工部門への引継ぎ

設計図面をはじめ、建築着工に必要な資料や情報などを施工部門の担当者に引き継ぎます。
また着工後も定期的に現場に出向いて進捗状況をチェック。
問題が発生した際には、施工担当と対応を協議しながらクリアし、中間・完成立ち合い~竣工・引き渡しまで対応します。

得られるスキル

効率的に多くの家を設計するスキル

毎月平均15棟前後の分譲住宅を設計します。周りの先輩のフォローや過去の豊富な図面を参考にすることによって、効率的に多くの家を設計するスキルが身に付きます。

多様なプロデュース能力

1棟現場から多棟現場まで幅広い設計に携わることで、自ら多様な家づくりを企画・設計・プロデュースできる能力を高めていくことができます。

絶え間ない向上心

20代中心の若手メンバーによるチーム制を採用しているため、お互いに切磋琢磨しながら時にはカバーしあい、時に成果を競い合うことによって短期間で成長できます。

設計のメンバー

他の職種紹介